SIMフリースマホ

ここへ来て改めてファブレット最強説を唱えたい。

投稿日:




大画面化が進むiPhone

 

最近のガジェット系の話題といえば、すっかりiPhone8とiPhone Xですよね。android信者にはあんまり関係ないかと思いきやそうでもなくて、やっぱり大画面化=ファブレット化が進んでいるなぁと感じます。ちなみに5.5インチ以上7インチ未満のスマートフォンを「ファブレット」と呼びます。

たとえば、iPhone8は4.7インチ、iPhone8 plusは5.5インチ。

 

iPhone Xは5.8インチ。iPhone8 plusよりもディスプレイはさらに大型化。このiPhone Xがひと回り大きいっていうの、みんな見落としてませんか!?iPhone Xと言えば、appleが考える「スマートフォンが未来へつながる道」を指し示すモデル。つまりスマートフォンはさらに大画面化していくとappleは予測しています。

 

ちなみに筐体のサイズはiPhone8plusよりiPhoneXのほうが小さい

ちなみにiPhone XのボディサイズはiPhone8 plusより小型化しています。狭額縁仕様とすることでディスプレイを拡大しています。

 

androidも大型化が顕著

Androidの最新売れ筋モデルであるGalaxy S8+は6.2インチを採用。こちらも狭額縁仕様(ベゼルレスデザイン)で、さらに縦長のアスペクト比にすることで、表示できる情報量を増やしつつグリップしやすい筐体を実現しました。

xiaomiのMi Mix2も5.99インチを採用。大型ディスプレイ+ベゼルレスは、かつての一部のオタク向けという域を越えて完全に定着しつつあるトレンドといえそう。

なつかしのSONY Xperia Z Ultra(通称ズルトラ)

昨年まで使ってたSONY Xperia Z Ultra(通称ズルトラ)も、画面サイズ6.4インチのまさにファブレット。この6.4インチが実用的に最強なサイズだと思う。それなのにこのサイズのスマホって当時ほとんど無くて、乗り換え先にかなり困った。いわゆるズルトラ難民。

でも今の様子を見てると、このままスマホの画面が大画面化を続けて6インチ前後が主流になっていくことで、もっと多くのメーカーがこのサイズのスマホを充実させてくれる気がする。そうなるとあえてファブレットといって区別する必要もなくなるのかもしれない。

ちなみにズルトラと同じ6.44インチのxiaomi Mi Maxも、購入してそろそろ1年たつけどいまだに満足度高い。これは買ってよかった。ということで。







-SIMフリースマホ

Copyright© フリーランス航海日誌 , 2019 All Rights Reserved.